MENU

MENU

カテゴリー

\気になるカテゴリーをクリック!/

やきいも
文系SE
【プロフ】
 ▶ 30代半ば
 ▶ ITエンジニア13年目 | 業務システム
 ▶ 妻と息子の3人で田舎の暮らし

【サイト運営】
このブログは私の体験をもとに以下に関する情報をお届けしています。
 ▶ AI
 ▶ Java
 ▶ Flutterなど
Udemyセール!最大95%オフ!1,200円~2月の最新セール情報をみる

新しいBing・Edge + AIの使い方・活用方法をゼロから徹底解説!

この記事には広告を含む場合があります。

AI(ChatGPT)搭載の新しいBingってどうやって使うの?

新しいBingでどんなのか知りたい

Microsoftが提供している検索エンジンの「Bing」とブラウザの「Edge」がAI を搭載して新しくなりました!活用できれば色んなことで便利になりそうですね。今後は、使いこなせる人と使いこなせない人でIT格差は大きくなるでしょう!

そこで今回は、AIを搭載した新しいBing(Microsoft Edge Copilot) の使い方から活用方法を初心者向けに解説します!

この記事で分かること!
  • AI(ChatGPT)を搭載したBingの始め方から活用方法

そもそもChatGPTとは何か詳しく知りたい方はコチラで詳しく解説しています。

目次

新しいBing・Edge + AIとは?Microsoft Edge Copilotとは?

新しくAIを搭載したBing[ビング]とMicrosoft Edgeについて以下の点で解説します。

  • 概要と特徴
  • 従来の検索エンジンとの違い

概要と特徴

AI搭載のBing[ビング]・Microsoft Edgeは、従来の検索機能はそのままで、AIを使ったチャット形式で検索ができます。

ユーザーはAIと会話しながら知りたいことを得ていきます。

やきいも

ChatGPTが拡張されているイメージですね!

従来の検索エンジンとの違い

従来の検索エンジンとの違いは以下の2点です。

  • 検索機能の大幅な強化
  • クリエィティブな検索が可能

検索機能の大幅な強化

スクロールできます
従来のBing新しいBing
検索方法キーワード形式会話形式
東京 おすすめ 観光 スポット東京のおすすめ観光スポットを教えて
検索結果自分でサイトを見て探す・会話形式で回答してくれる
・不明点があれば追加質問して情報が得れる

クリエィティブな検索が可能

ChatGPTのようにアイデア出しもできます。

やきいも

検索エンジンの枠を超えたサービスですね!

新しいBing・Edge + AIとChatGPTの違い

AI搭載の新しいBingは、ChatGPTをさらにパワーアップさせたものです!なぜなら、マイクロソフト独自の技術も使っているからです。

以下の3点が大きな違いです。

  • 最新情報を取得できる
  • AIの回答に引用がある
  • 文章から画像を生成できる

最新情報を取得できる

ChatGPTでは数年前の情報しか取得できませんが、Bingでは最新情報を取得した回答ができます。

AIの回答に引用がある

Bingでは、回答結果に情報源となるリンクも添えた回答になります。

やきいも

情報源を知れることは重要なので、かなり良いですね!

文章から画像を生成できる

新しいEdgeを使えば、文章から画像も簡単に作成ができます!

やきいも

内部ではOpenAIのDALL-E2が動作して作ってくれます。

OpenAIのDALL-E2の始め方から使い方についてはこちらで詳しく解説しています。

新しいBing・Edge + AIの始め方

新しいBing、Edgeの使うには、以下の準備が必要です。

  • Microsoftアカウント
  • Microsoft Edge(ブラウザ)

Microsoft アカウントの新規作成はこちらから作成できます。

Microsoft Edgeをまだインストールしていない方はEdge公式サイトからダウンロードしましょう。

やきいも

新しいBingは、WIndows、Mac、モバイル(スマホ)で使えて便利です!

新しいBing・Edge + AIの使い方

AI搭載のBingとEdgeの基本的な使い方を解説します。

Bingの基本的な使い方

Bingの基本的な使い方を解説します。

  • 会話スタイルを選択
  • 質問を入力する
  • 回答を得る

Edgeの基本的な使い方 | 文章の作成

Edgeで文章作成の基本的な使い方を解説します。

  • ブラウザ右上の[bアイコン]をクリック
  • 右上のタブ[作成]クリック
  • テキスト入力
  • 文章のトーン・形式・長さを選択
  • AIが作成した下書きを確認する

Edgeの基本的な使い方 | 画像の作成

Edgeで 画像の作成の基本的な使い方を解説します。

1.下から3つ目の[Image Creater]をクリックする
2.作成する画像を指示するテキストを入力する
3.参加して作成をクリックし、作成中と表示される
4.作成が終わると、生成された画像が表示される

5.ダウンロードなどをしたい画像クリック
6.画像が表示される
7.ダウンロードをクリックすると画像を保存できます

AI(ChatGPT)搭載のBing(ビング)・Microsoft Edgeの応用方法

AI搭載のBingの応用方法は、ChatGPTと同様に無限大に活用できます。

やきいも

なんでも新しいBingにきいて活用できそうです!

以下に活用例を挙げます。

  • 文章の執筆(メール、ブログなど)
  • 壁打ち的なブレインストーミング
  • アイデア出し
  • プログラミングコードの生成
  • 要約

    など

新しいBing・Edge + AIの使い方のアップデート内容(2023年5月4日発表版)

2023年5月4日に発表された、AI(ChatGPT)搭載のBing(ビング)・Microsoft Edgeのアップデート内容は以下の通りです。

文字だけでなく、画像や動画も見せてくれる

例えば、「猫の写真を見せて」と聞くと、Bingがかわいい猫の写真をたくさん見せてくれます。これは、Bingが画像や動画に関する知識を持っているからです。

また、近いうちには、音声や手書きなどの入力もサポートする予定です。

自分だけでなく、他の人やサービスとも話せる

例えば、「今日の予定を教えて」と聞くと、Bingがカレンダーにアクセスして教えてくれます。
また、「ピザを注文したい」と聞くと、Bingがピザ屋さんに電話して注文してくれます。これは、Bingがプラットフォームというものを開放しているからです。

開発者やサードパーティにも開かれています。BingやEdgeの上にアプリやサービスを作って、検索からアクションやタスクを完了できる。

そのほかのアップデート点

  • 今までは試すのに待ち時間があったけど、もうなくなった
  • Edge内でチャット履歴や継続的な会話を保存できる

Announcing the next wave of AI innovation with Microsoft Bing and Edge May 4, 2023 
Microsoft BingとEdgeによるAIイノベーションの次の波を発表します。 2023年5月4日

引用:マイクロソフト公式サイトブログ:https://blogs.microsoft.com/blog/2023/05/04/announcing-the-next-wave-of-ai-innovation-with-microsoft-bing-and-edge/

新しいBing・Edge + AIは無限な可能性がある

今回はAIを搭載した新しいBing(Microsoft Edge Copilot) の使い方から活用方法について以下の点を紹介しました。

  • 概要と特徴
  • 従来の検索エンジンとの違い
  • ChatGPTとBingの違い
  • 始め方
  • 使い方
  • 活用方法
やきいも

従来の検索エンジンの用途にとらわれず、いろいろ試して肌で感じてみましょう!

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます!

Microsoft AIサービスのまとめ

Microsoftが提供するAIサービスをまとめました。

\Microsoft 365 Copilot 導入の相談なら/

見積無料

Microsoft AIサービスの全体像

Microsoftが提供しているAIサービスをまとめた記事です。

Microsoft AIサービス詳細

MicrosoftのAIサービスごとに詳しくまとめています。

Copilot Pro の始め方から使い方を知る

Copilot Pro の購入方法や始め方から使い方をまとめた記事です。

Microsoft 365 Copilotのライセンス選び方を知る

Microsoft 365 Copilotのライセンス選び方をまとめた記事です。

全てのライセンス料金を比較する

個人利用のライセンス

家族利用のライセンス

Microsoft 365 Copilotの活用方法を学ぶ

Microsoft 365 Copilotの学び方を紹介します。

本で学ぶ

動画で学ぶ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次