【Java独学】学習ロードマップ!0から初心者向けに完全解説!

Javaエンジニアになるには、どんな準備が必要?
Javaを効率的に学習する方法は?
Javaエンジニアに必要な知識やスキルは?

ということで悩んでませんか?

JavaはWebアプリケーションの多くで使用されている人気プログラミング言語です。Javaエンジニアを目指すのであれば、必要なスキルを理解しておくことが大切です。当記事では、Javaエンジニアになるための学習ロードマップを解説します!

そもそも、Javaとは何か詳しく知りたい方はコチラで解説してます。

この記事で分かること!
  • 初心者が0からJavaを学ぶ最も効率的な方法
  • Javaエンジニアとしての様々なキャリアパス
目次

【Java独学】エンジニアになるための学習ロードマップ

Javaエンジニアになるためには、プログラミングの基礎・Webアプリケーション仕組み・インフラに関する知識が必要です。ここでは、Javaエンジニアを目指す人が必ず知っておくべきことを網羅的に紹介します。

Javaエンジニアが知っておくべき【9つのポイント!】

  1. Webアプリケーションの仕組み
  2. Java開発環境の構築
  3. フロントエンド言語(HTML,CSS,JavaScript)
  4. Java基本
  5. オブジェクト指向
  6. Jsp、サーブレット
  7. データベース、SQL
  8. MVCモデル
  9. Springフレームワーク
焼き芋

Javaエンジニアとして活躍するには多くの知識が必要で、実は結構大変です!

Webアプリケーションの仕組みを理解する

Javaを始める前に、Webアプリケーションの仕組みについて理解しておくことが重要です。これは、Webアプリケーションがどのように機能するか、アプリケーションのさまざまな構成要素、フロントエンドからバックエンドへの開発のワークフローを理解することを意味します。

Webアプリケーションの基礎について詳しく知りたい方はコチラで詳しく解説してます。

フロントエンド言語を学習する

次の2つのフロントエンド言語はしっかり学習しましょう!

HTML、CSS

HTMLとCSSは、Webアプリケーションのフロントエンド開発に不可欠です。HTMLとCSSの使い方を理解することは、ユーザーフレンドリーで視覚的に魅力的なアプリケーションを制作するために非常に重要です。

Java Script

JavaScriptは、Web開発で使用される強力なスクリプト言語です。Webアプリケーションにインタラクティブな機能を追加するために使用できるため、この言語を習得することは重要です。

Java開発環境の構築

Webアプリケーションの全体構造・フロントエンドを理解したら、次は、Javaの開発環境を構築します。Eclipseなどの統合開発環境(IDE)をセットアップし、必要なJavaツールの設定ができるようになりましょう!

Javaの基本

開発環境が整ったので、いよいよJavaの基本を学びます。以下のようなJAVAの基礎を理解しましょう!

  • パッケージ・クラス
  • メソッド
  • 変数・型・リテラル・型変換
  • 算術演算子・代入演算子
  • for文・while文
  • if文・比較演算子
  • 論理演算子(論理積・論理和)
  • swich文
  • 配列

オブジェクト指向

Javaはオブジェクト指向言語であり、Javaプログラミングを学ぶ上では、オブジェクト指向についての知識は必要不可欠です。Javaでは、クラスとオブジェクトを使用してプログラムを構築します。オブジェクト指向に関する知識は、Java以外の言語でも役立ちます。

オブジェクト指向とは、プログラミングにおいて、プログラムを構成する要素を「オブジェクト」として扱う方法を指します。Javaのオブジェクト指向には、高い再利用性や保守性を持ったプログラミングを実現することができます。

MVCモデルの理解

MVCとは、Model-View-Controllerの略です。アプリケーションの実装に使われるデザインパターンです。堅牢なWebアプリケーションを開発するためには、MVCモデルを理解することが不可欠です。

Jsp、サーブレット

JSPとservletは、動的なWebアプリケーションを構築するために使用される2つのJava技術です。これらの使い方を学ぶことは、Javaエンジニアになるための重要なステップです。

データベース、SQL

Javaエンジニアとして活躍するための核となるのが、データベースやSQLの使い方に習熟していることです。新人のJavaエンジニアが活躍するには、リレーショナルデータベース管理システムにも精通する必要があります。また、SQL言語に精通し、SQL言語を使って効率的なクエリを作成する方法も重要です。

Springフレームワーク

フレームワークは、開発プロセスにおいて不可欠な要素であり、堅牢なアーキテクチャを構築するために使用されます。Spring Framework、Hibernate、Strutsは、Java開発で使用される最も一般的なフレームワークの一部です。Javaエンジニアを目指す人は、これらのフレームワークに精通し、開発プロセスでの使い方を理解することが重要です。

そして、Java開発で使用される最も一般的なフレームワークの1つがSpringフレームワークです。自己学習のロードマップには、Springフレームワークの学習が含まれているはずです。信頼性が高く効率的なアプリケーションを構築するためには、フレームワークの様々なコンポーネントの使い方を知ることが重要です。

Java初心者の学習方法オススメ3選!

Javaを独学する場合、いくつかの学習方法から選択することができます。学習の目的や目標によって、適した方法があります。

  • Udemyの動画学習で学ぶ
  • 書籍で学ぶ
  • プログラミングスクールで学ぶ

Udemyの動画学習で学ぶ

Java学習を始めるにあたっておすすめなのが、オンラインの動画講座です。Udemyでは、プログラミング経験の有無に関わらず、さまざまなコースが用意されています。基本的なことを学び、言語の入門編として最適です。

Udemyで学べるオススメのJavaコースはコチラで詳しく解説してます。

書籍で学ぶ

本で学ぶことで、Javaについての深い理解を得ることができます。本には、Javaに関する基本的な概念から詳細なトピックまで幅広い内容が記載されています。また、本には、サンプルコードや実例が多数掲載されており、それらを通して実際にコードを書いてみることができます。本は学習の進度を追ったり、復習することができるので、学習が効率的になります。また、本はインターネットに接続しなくても読むことができるので、いつでもどこでも学習することができます。

プログラミングスクールで学ぶ

初心者がJavaを学ぶ方法として、プログラミングスクールに通うという方法があります。プログラミングスクールでは、講師がJavaプログラミングの基礎から細かい点まで丁寧に教えてくれます。修了後は、履歴書に記載できる資格を取得できるプログラミングスクールも多くあります。さらに、多くのプログラミングスクールでは、技術業界への就職を支援するために、就職支援を行っています。

【Java独学】エンジニアへの就職・転職のロードマップ

Javaの基礎知識を理解したら、いよいよ就職活動です。もちろん、Javaエンジニアの仕事を獲得する最も効果的な方法は、IT専門の就職エージェントに連絡することです。これらのエージェントは、経験豊富なJavaエンジニアだけでなく、技術系の新人も含めて就職先を探すことに長けています。また、一般的な就職エージェントも、経験豊富なJavaエンジニアの就職に効果的です。

ポートフォリオ作品の作成

自分の作品をまとめたポートフォリオを作成することは、自分のスキルをアピールし、潜在的な雇用主を惹きつけるのに有効な方法です。データベース、フレームワーク、Java言語全般に関するスキルを示す完成したプロジェクトをいくつか持つことが重要です。これは、最高の仕事の機会を得るために不可欠なものです。

IT専門エージェント

IT特化型エージェントは、技術職の転職に特化したエージェントです。これらのエージェントは、テクノロジー業界特有の要件を理解しており、技術者の就職を支援するための専門チームを持っています。さらに、多くのIT専門エージェントは、IT専門家の雇用を検討している様々な企業とネットワークを持っています。などが有名です。

一般的な就職エージェント

総合転職エージェントも、技術職への転職に有効な手段です。これらのエージェントは、幅広い求人情報を掲載しており、中にはJavaエンジニアに関連する求人も多くあります。ITエージェントほど専門的ではありませんが、Javaエンジニアの採用を検討している企業との幅広いネットワークを持っているのが、これらの総合転職エージェントです。

大手の総合転職エージェントは取り扱う求人数も多く、サポートも充実してます。

【Java独学】エンジニアのキャリアプラン

Javaを学ぶ前に、様々なキャリアパスについて知っておく必要があります。Javaを学ぶことは最初の一歩ですが、自分のキャリアをどの方向に進めるかを決めることも必要です。ここでは、Javaエンジニアの代表的な3つのキャリアパスを紹介します。

技術を身につける

Javaエンジニアのキャリアパスとして、まず最もポピュラーなのが「技術を極める」ことです。これは、Javaの知識だけでなく、業務に必要なITの周辺知識も身につけることを意味します。この方法であれば、他のエンジニアを管理・指導する開発マネージャー職へと進むことが可能です。

Javaエンジニアとして活躍するためには、Javaプログラミングの基本を理解するだけでなく、それに付随する技術にも精通していることが重要です。HTML、JavaScript、SQL、XMLなどのWeb技術に精通することが必要です。さらに、オブジェクト指向の設計原理やソフトウェアのデザインパターンに関する知識も欠かせません。

上流工程もこなせるフルスタックエンジニアへのステップアップ

2つ目のキャリアパスは、フルスタックエンジニアになることです。フルスタックエンジニアとは、フロントエンドとバックエンドの両方からコードを開発できる人のことです。つまり、フロントエンド(HTMLやCSSなど)とバックエンド(Javaなど)の両方のコーディング言語を理解する必要があるのです。両方ができることで、ソフトウェア開発、Web開発、製品開発など、さまざまな仕事にチャレンジすることができます。

フリーランスとして働く

3つ目のキャリアパスは、フリーランスとして働くことです。フリーランスは、Javaの教育を続けながら副業としてお金を稼ぐには最適な方法です。フリーランスとして、様々なクライアントと仕事をし、必要に応じて特定のプログラミングタスクを引き受けることができます。そのため、その分野で貴重な経験を積むことができ、同時に小遣い稼ぎもできます。

【Java独学】学習ロードマップ:まとめ

Javaエンジニアになることは、エキサイティングでチャレンジングな道のりですが、正しいステップを踏めば、初心者からエキスパートへの移行は簡単にできます。このガイドでは、Javaエンジニアの3つの主要なキャリアパスの概要と、スタートアップに役立つリソースを紹介しました。ここから先は、あなた次第です。幸運を祈ります。

JAVAの学習ポイントまとめ

学習ポイント学習の詳細
1.Java概念1) Java言語とは何か
2) Javaの仕組み
3) Java環境準備
4) プログラミング
5) コンパイル
2.Java基礎1) Eclipse環境準備
2) パッケージ・クラス
3) メソッド
4) 変数・型・リテラル・型変換
5) 算術演算子・代入演算子
6) for文・while文
7) if文・比較演算子
8) 論理演算子(論理積・論理和)
9) swich文
10) 配列
3.オブジェクト指向1) オブジェクト指向
2) コンストラクタ・クラス継承
3) インスタンス参照
4) インターフェース
4.サーブレット1) サーブレットの仕組み
2) Tomcat・Jsp・Servlet
3) コネクションプール
5.フレームワーク1) MVCモデル
2) Springフレームワーク
Java基礎の習得方法
目次