MENU

MENU

カテゴリー

\気になるカテゴリーをクリック!/

やきいも
文系SE
【プロフ】
 ▶ 30代半ば
 ▶ ITエンジニア13年目 | 業務システム
 ▶ 妻と息子の3人で田舎の暮らし

【サイト運営】
このブログは私の体験をもとに以下に関する情報をお届けしています。
 ▶ AI
 ▶ Java
 ▶ Flutterなど
Udemyセール!最大95%オフ!1,200円~6月の最新セール情報をみる

Copilot Proの購入/導入方法から使い方まで完全解説!

この記事にはPRを含む場合があります。

Copilot Proの購入方法が知りたい

Copilot Proってどうやって使うの?

2024年1月16日に発表・公開されたMicrosoft(マイクロソフト)のCopilot Pro。

早く取り入れたい方も多いのではないでしょうか?

けど、導入する価値があるのか気になりますよね。

そこで、今回はCopilot Proの購入方法から使い方までを筆者が実際に購入してみたので、ご紹介します。

どんな人におすすめ?
  • Copilot Proとは
  • Copilot Proの購入方法・始め方
  • Copilot Proの使い方

   

目次

Microsoft Copilot Pro 何ができる?

Microsoft Copilot Proでおもに現状できることは、以下の通りです。

  • GPT4.0、GPT4.0 tuboのチャット機能
  • 画像生成
  • AIの回答をWord,Txtファイル,PDFに出力
  • Excel,Word、Power PointでCopilotの活用

CopilotとChatGPTの違いを知りたい人はこちらで詳しく解説しています。

Microsoft Copilot Proとは?特徴は9つのポイント

Microsoft Copilot Proとは、以下の9つの特徴があります。

  • 「Copilot」の個人向けサービスという位置付け
  • Webブラウザ、Windows 10/11(Copilot on Windows)、macOS/iPadOS向けの専用アプリから利用可能
  • iOS/Android向けアプリでも利用できる(近日公開予定)
  • 日本語を含む7言語に対応
  • ピーク時でも「GPT-4」「GPT-4 Turbo」への優先アクセスが可能
  • Microsoft 365 アプリ(Excel、Wordなど)からCopilotを利用できる
  • Microsoft 365 アプリから「文書の下書き」「メールの要約」「プレゼン作成」などができる
  • 「Designer」(旧Bing Image Creator)のブーストを多く割り当て、多くのAI画像を生成できる
  • 「Copilot GPT Builder」を使って、Copilot GPTをカスタマイズ可能(近日公開予定)

   

以上のような機能を提供しており、月額3,200円(税込み)で利用できます。

ただし、利用には「Microsoftアカウント」が必要となります。

また、Copilot Pro をExcel、Word、Power Point、One Note内で利用するには、Microsoft 365 Personal もしくはMicrosoft 365 Familyのライセンスが別途必要です。

やきいも

Microsoft 365 Personal のライセンスは1か月間は無料で使えるので、試しに使ってみるのもありですね!
Copilot Proも7日間は無料で使えますよ。

Microsoft 365 Personal もしくはMicrosoft 365 Familyのライセンスについて以下の記事で詳しく解説しています。

公式サイトはこちら

Microsoft Copilot Proの購入/導入方法から始め方

   

Microsoft Copilot Proの購入方法を解説します。

以下の手順で購入できます。

   

公式サイトはこちら

   

Microsoft Copilot Proの使い方(基本チャット)

   

Microsoft Copilot Proの基本的な使い方を解説します。

以下の画像からご確認ください。

   

   

Microsoft Copilot ProのMicrosoft 365(オフィスソフト連携)

Microsoft Copilot ProのMicrosoft 365(オフィスソフト連携)を紹介します。

   

Copilotの回答の↓アイコンをクリックすると、以下のファイル形式にダウンロードできます。

  • Word
  • PDF
  • Text

ダウンロードしたファイルを開いた状態を紹介します。

Microsoft Copilot Proのチャット回答でWordを開くと、以下のようにファイルが開きます。

Microsoft Copilot Proのチャット回答でPDFを開くと、以下のようにファイルが開きます。

Microsoft Copilot Proのチャット回答でText(テキスト)ファイルを開くと、以下のようにファイルが開きます。

   

Copilot×Word

Word(ワード)を開きます

画面真ん中にあるCopilot(コパイロット)を使って下書きとテキストボックスが表示されています。

指示文を入力して、エンターキーをクリックします。

数秒すると、指示文に沿った文章が作成されます。

   

作成された文章の下のテキストボックスから追加の指示もできます。

画面右上のCopilotをクリックします。

画面右のサイドバーにCopilotが表示されるので、画面右下から追加の指示を入力できます。

追加の指示を入力しエンターキーをクリックすると、文章がサイドバーに作成されます。

   

Copilot Pro のWordの使い方はこちらで詳しく解説しています。

Copilot×Excel

Excel上でのCopilotの操作方法を説明します。

Excel(エクセル)を開きます。

画面右上にあるCopilot(コパイロット)をクリックします。

CopilotがExcel画面の右サイドバーに表示されます。

まだ日本語の対応されていないため英語のみで対応になります。

試しに、Try an Exampleをクリックします。

サンプルの表が作成されました。

基本的に表データを選択している状態でないと、指示文が入力できません。

指示文に以下の文章を入力して、エンタークリックします。

Graph it, analyze it, and explain the key points.

(グラフを作成して、分析して、ポイントを説明して)

画面右サイドバーにグラフが作成されました。

Add to a new sheetをクリックします。

作成したグラフが新しいシートに追加されました。

Copilot Pro のExcel(エクセル)の使い方はこちらで詳しく解説しています。

Copilot×Power Point

Power Point(パワーポイント)を開きます。

画面右上にあるCopilot(コパイロット)をクリックします。

Power Point(パワーポイント)の右サイドバーCopilot(コパイロット)が表示されます。

   

Copilot(コパイロット)の下にあるチャットボックスに指示文を入力して、Enter(エンター)します。

数分するとスライドが作成されます。

画面右上のデザイナーをクリックすると、画面右のサイドバーにデザイン案がいくつか表示され、選択できます

好みのスライドを選択すると、選んだデザインにスライドが変わります。

   

やきいも

Copilot×Power Pointの基本的な使い方は以上です!

Copilot Pro のPower Point(パワポ)の使い方はこちらで詳しく解説しています。

Copilot×Outlook

OutlookでのCopilotの操作方法を説明します。

次の2つのCopilotの使い方があります。

  • Copilotを使って下書き
  • Copilotによるコーチング

それぞれ、解説していきますね!

Copilotを使って下書き

Outlook(アウトルック)を開き、画面左上の新規メールをクリックします

画面右上にあるCopilot(コパイロット)をクリックします。

Copilotを使って下書きとCopilotによるコーチングが表示されます。

ここでは、Copilotを使って下書きをクリックします。

Copilotへの指示を入力する欄に、Copilotへの依頼を書きます。

Copilotが下書きを完成させます。

問題なければ、保持するをクリックします。

再生成をクリックすると、メール文が再作成できます。

保持すると、下書きに保存されます。

Copilotによるコーチング

先ほど、作成した下書きをもとに、Copilotによるコーチングの機能を紹介します。

先ほどの下書きを開いて、画面右上のCopilotをクリックして、Copilotによるコーチングをクリックします。

Copilotによるメール文の分析が始まります。

分析情報を収集しています。と表示されます。

Copilotの分析結果が以下の3つのパターンで表示されます。

  • トーン
  • 読者の感情
  • 明瞭さ

各パターンをクリックすると、メール本文の改善を提示してくれます。

Microsoft Copilot Proの画像生成

Microsoft Copilot Proの画像生成の使い方を紹介します。

   

MicrosoftのBing Image Createrを使った画像生成のコツはこちらで詳しく解説しています。

Microsoft Copilot Proのプラグインの機能

Microsoft Copilot Proにあるプラグイン機能を紹介します。

Copilot Pro 画面右のプラグインから選択できます。

   

やきいも

随時更新します

Microsoft Copilot Proに関するよくある質問

Microsoft Copilot Proに関するよくある質問をまとめました。

Copilot ProとExcelは連携できますか?

Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Family サブスクリプションもお持ちの場合は、Copilot Pro サブスクリプションを購入すると、一部の Microsoft 365 アプリで Copilot を利用できます。これらのアプリには、Word、Excel (プレビュー)、PowerPoint、OneNote、Outlook などがあります。Excel での Copilot エクスペリエンスは現在プレビュー段階で、英語のみに対応しています。Copilot は、Windows、macOS、iPadOS の Microsoft 365 アプリで利用できます。近々、iOS と Android に対応できるようになる予定です。

Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Family サブスクリプションがない場合は?

一部の Microsoft 365 アプリで Copilot を利用するには、Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Family サブスクリプションが必要です。
Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Family は、Microsoft の Web サイトで購入できます。Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Family を購入する際は、必ず Copilot Pro のサブスクリプションと同じ Microsoft アカウントを使用してください。

やきいも

Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 FamilyのライセンスがないとオフィスソフトでCopilotは使えないみたいですね。

Microsoft 365 Personal または Microsoft 365 Familyのライセンスについてはこちらで詳しく解説しています。

Microsoft Copilot Proの購入方法/始め方から使い方 まとめ

今回は、Copilot Proの購入方法から使い方までを紹介しました。

まとめ
  • Copilot Proの購入方法・始め方
  • Copilot Proの使い方

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました。

Microsoft AIサービスのまとめ

Microsoftが提供するAIサービスをまとめました。

\Microsoft 365 Copilot 導入の相談なら/

見積無料

Microsoft AIサービスの全体像

Microsoftが提供しているAIサービスをまとめた記事です。

Microsoft AIサービス詳細

MicrosoftのAIサービスごとに詳しくまとめています。

Copilot Pro の始め方から使い方を知る

Copilot Pro の購入方法や始め方から使い方をまとめた記事です。

Microsoft 365 Copilotのライセンス選び方を知る

Microsoft 365 Copilotのライセンス選び方をまとめた記事です。

全てのライセンス料金を比較する

個人利用のライセンス

家族利用のライセンス

Microsoft 365 Copilotの活用方法を学ぶ

Microsoft 365 Copilotの学び方を紹介します。

本で学ぶ

動画で学ぶ

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次