MENU

MENU

カテゴリー

\気になるカテゴリーをクリック!/

やきいも
文系SE
【プロフ】
 ▶ 30代半ば
 ▶ ITエンジニア13年目 | 業務システム
 ▶ 妻と息子の3人で田舎の暮らし

【サイト運営】
このブログは私の体験をもとに以下に関する情報をお届けしています。
 ▶ AI
 ▶ Java
 ▶ Flutterなど
Udemyセール!最大95%オフ!1,200円~4月の最新セール情報をみる

GitHubでSSH接続する手順!公開鍵作成から接続確認まで初心者向けに解説!

この記事には広告を含む場合があります。

GitHubでSSH接続したい

GitHubでSSH接続する手順を知りたい

そこで今回は、GitHubでSSH接続する手順!公開キー・秘密キー作成から接続確認まで初心者向けに解説します!

この記事で分かること!
  • GitHubでSSH接続する手順
目次

GitHubでSSH接続する手順の概要

GitHubでSSH接続する手順の概要

GitHubでSSH接続する手順と開発環境について紹介します。

GitHubでSSH接続する手順

GitHubでSSH接続する手順は、初心者向けに0から解説します。

すでにご存知の点は読み飛ばしてご確認ください。

開発環境

当記事は以下の開発環境での解説になります。

  • OS:macOS Ver:13.0
  • CPU:Apple M1
  • Mac Book Air

GitHubでSSH接続する手順1|Gitの事前確認

GitHubでSSH接続する手順1|Gitの事前確認

まず、Gitのインストールがされているか確認かチェックします。

ターミナルを開きGitのバージョンを以下のコマンドで確認しましょう。

コマンド

git --version

コマンドの結果

git version 2.37.1 (Apple Git-137.1)

git versionが表示されていれば、問題なしです。

やきいも

gitコマンドが見つかりませんなどのメッセージが表示された方は、Gitをインストールしましょう!

GitHubのアカウント作成やGitのインストールがまだの方は、以下の記事を参考にして下さい。

また、Gitと合わせてLAPRASのアカウントも作成しておくと、今後のITスキルアップ、モチベーション維持、学習の振り返りに便利です。

GitHubでSSH接続する手順2|名前とメールアドレス設定

gitがインストールされている状態で、以下のコマンドを実行し、名前とメールアドレスを設定します。

赤字の箇所を好きな設定にしましょう。

名前の設定

git config --global user.name tarou

emailの設定

git config --global user.email tarou@gmail.com

ここで登録したuser.nameは後ほど利用します。

名前とメールアドレスの確認方法

ちなみに、設定した名前とメール内容の確認は以下のコマンドになります。

名前の確認

git config --global user.name

emailの確認

git config --global user.email

GitHubでSSH接続する手順3|公開鍵・秘密鍵をSSH設定をする

GitHubでSSH接続する手順3|公開鍵・秘密鍵をSSH設定をする

GitHubのリポジトリにSSH接続を設定して、pushできるように設定していきます。

まずは、公開鍵を作成します。

SSH鍵が保存されているディレクトリへ移動

以下のコマンドを実行して、.sshディレクトリへ移動させます。

cd ~/.ssh

利用する公開鍵を作成する

ssh-keygenコマンドを使用して、RSA方式の暗号鍵キーを作成します。

赤字の箇所summer2023を好きな名称に変更して下さい。

ssh-keygen -t rsa -f github_rsa

実行すると以下の通りになります。

% ssh-keygen -t rsa -f github_rsa
Generating public/private rsa key pair.
Enter passphrase (empty for no passphrase): 
Enter same passphrase again: 
Your identification has been saved in github_rsa
Your public key has been saved in github_rsa.pub
The key fingerprint is:

# ---- 以下省略 ---- ---- ---- ---- ---- 

Enter passphrase(empty for no passhphrase)ではパスワードの確認です。今回は入力しないでEnterを押します。
Enter same passphrase againは先ほど入力したパスワードの確認なので、入力せずにEnterを押します。

ssh/configを編集して、ssh接続設定

以下のコマンド押して、configファイルを編集します。

vi ~/.ssh/config

以下のコマンドでconfigファイルに追記します。赤字の部分を先ほど登録した名前を設定します。

Host github.com
  IdentityFile ~/.ssh/github_rsa
  User tarou

:wqコマンドで保存して閉じます。

GitHubでSSH接続する手順4|SSH接続を確認してみる

GitHubでSSH接続する手順4|SSH接続を確認してみる

SSH公開鍵を作成後、GitHubにアクセスして設定します。

SSH公開鍵をコピー

下記コマンドでSSH公開鍵をコピーします。

cat ~/.ssh/github_rsa.pub | pbcopy

GitHubに公開鍵を登録

作成したSSHの公開鍵をGitHubに登録しましょう。

こちら(https://github.com/settings/keys)のサイトにアクセスします。

SSH keysにあるNew SSH keyから公開鍵をアップロードすることで、公開鍵を登録することが出来ます。

「title」に公開鍵名、「key」に公開鍵の中身を入れます。

公開鍵の登録を確認

すると下記のように、公開鍵の設定画面に戻り、登録した公開鍵情報が確認できます。

接続の確認

公開鍵が登録できたら、SSH接続ができるようになったのか、確認しましょう。

$ ssh -T git@github.com

再度、自分のローカルで下記コマンドを叩きます。

以下の回答であれば、接続完了です。

Hi (アカウント名)! You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.

GitHubでSSH接続する手順 まとめ

GitHubでSSH接続する手順 まとめ

今回はGitHubでSSH接続する手順!公開キー・秘密キー作成から接続確認までを紹介しました。

まとめますと以下の通りです。

  • Gitの事前確認(Gitのインストール)
  • 名前とメールアドレスの設定
  • 公開鍵・秘密鍵をSSH設定をする
  • SSH接続を確認してみる

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次