MENU

MENU

カテゴリー

\気になるカテゴリーをクリック!/

やきいも
文系SE
【プロフ】
 ▶ 30代半ば
 ▶ ITエンジニア13年目 | 業務システム
 ▶ 妻と息子の3人で田舎の暮らし

【サイト運営】
このブログは私の体験をもとに以下に関する情報をお届けしています。
 ▶ AI
 ▶ Java
 ▶ Flutterなど
Udemyセール!最大95%オフ!1,200円~6月の最新セール情報をみる

Flutterエンジニア年収・市場価値は?高年収の仕事で必要スキルを解説!

この記事にはPRを含む場合があります。
  • Flutterエンジニアの年収ってどのくらいなの?
  • Flutterエンジニアは高年収なの?

これからFlutterエンジニアになりたい方にとって、年収について知ることは重要です。やりたいことでも収入が低ければ、安定した生活ができなくなり、苦しい人生となります。

そこで、今回はFlutterエンジニアとして食っていけるのか?「Flutterエンジニアの年収」について解説します。

この記事で分かること!
  • Flutterエンジニアの年収
  • 高年収なFlutterエンジニアに必要なスキル

自分の市場価値を知りたい方はこちらでオススメ無料診断サービスを解説しています。

目次

Flutterエンジニアの年収(正社員)

引用:転職サイト(2023年01月時点)

大手転職サイトから調査してみました。

Flutterで検索し、年収範囲を絞り込んだ検索結果は以下の通りです。

年収求人件数
300万〜400万156
400万〜500万262
500万〜600万324
600万〜700万323
700万〜800万272
800万〜900万251
900万〜1000万194
1000万〜125
やきいも

他のプログラミング言語と比較しても、Flutterの年収は高めです。1,000万円以上の求人も意外に多いです。

Flutterエンジニアの年収(フリーランス)

引用:(2023年01月時点)

フリーランスのFlutterエンジニアの単価は以下の通りです。

※ Flutterの案件数「1,652件」(引用: 2023年1月時点)

  • 平均単価:63万円
  • 中央値単価:75万円
  • 最高単価:150万円
  • 最低単価:28万円

では、年収に換算すると以下の通りです。

  • 平均年収:756万円
  • 中央値年収:900万円
  • 最高年収:1800万円
  • 最低年収:336万円
やきいも

平均単価以上のFlutter案件ができるスキルがあれば、生活はできそうですね!

Flutterエンジニアの年収で1000万円超えるのに必要なスキルは?

Flutter案件でよくある仕事内容、必須スキル・歓迎スキル・経験年数について求人内容から調べたものを纏めました。

Flutterエンジニアに求められるスキル調査結果

高単価な案件で求められるFlutterエンジニアのスキルを調査しました。

Flutter案件でよくある仕事内容は?必要スキル・経験年数は?

案件エリア関東8割。関西、九州で2割。リモート案件も多い。
月単価45万~150万
業界自動車、金融機関、医療、歯科、製造業、自治体、教育など
工程基本設計~リリース
開発手法アジャイル、ウォーターフォール
開発言語Dart
主要ライブラリRiverpod、Provider
バックエンドGCP(Google Cloud Platform)、AWS(Amazon Web Services)、GraphQL
開発, 運用環境Github、Docker
アーキテクチャーMVVM
開発環境Visual Studio Code、Xcode、Android Studio
Flutter経験半年以上~5年以上

以下のスキルがあると求人の幅は広がります!

  • React Native、Kotlin、Swift
  • PM、PL経験
  • BtoCサービス開発経験
  • ビジネスレベル英会話
  • Flutter公式ページを読める英語力

Flutterエンジニアに求められる5つのスキル

Flutterエンジニアに求めらるスキルを纏めると次の通りです。

  1. Flutterのアーキテクチャ
  2. Dartプログラミング
  3. UI/UXデザイン
  4. モバイルアプリ開発の経験
  5. パフォーマンス最適化

Flutterのアーキテクチャ

アプリケーションをスケーラブルかつメンテナブルに構築するために、Flutterのアーキテクチャについての知識が必要です。

Dartのプログラミングスキル

FlutterはDart言語で開発されているため、Dartの言語特性や、フレームワークの機能を理解していることが重要です。

UI/UXデザイン

ユーザーにとって使いやすいインターフェイスを設計するために、UI/UXデザインについての知識が求められます。

モバイルアプリ開発の経験

Flutterはモバイルアプリ開発に特化しているため、モバイルアプリ開発の経験があることが望ましいです。

パフォーマンス最適化

アプリケーションのパフォーマンスを最適化するために、Flutterのパフォーマンス最適化についての知識が必要です。

まとめ:Flutterエンジニアの年収は夢がある!

今回はFlutterエンジニアとして食っていけるのか?「Flutterエンジニアの年収」について解説しました。

結論!

Flutterエンジニアで十分食ってけるし、夢がある!

Flutterエンジニア求人を見ると、SwiftからFlutterに再構築リプレースのプロジェクト内容が多いことが分かります。今後もFlutterの仕事は増えてくるでしょう!


以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

Flutterエンジニアになるには?

初心者が中級者レベルのFlutterエンジニアなるまでの進め方をまとめました。

Flutterの学習方法を知る

Flutter をスクールで学ぶ

Flutterの副業を探す

おまけFlutter入門の完全ガイド

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次