MENU

MENU

カテゴリー

\気になるカテゴリーをクリック!/

やきいも
文系SE
【プロフ】
 ▶ 30代半ば
 ▶ ITエンジニア13年目 | 業務システム
 ▶ 妻と息子の3人で田舎の暮らし

【サイト運営】
このブログは私の体験をもとに以下に関する情報をお届けしています。
 ▶ AI
 ▶ Java
 ▶ Flutterなど
Udemyセール!最大95%オフ!1,200円~2月の最新セール情報をみる

転職ドラフトで指名なし?内定率を上げる3つの方法を解説!

この記事には広告を含む場合があります。

転職ドラフトを使いたけど、どの企業からも指名なしは防ぎたい!

転職ドラフトの内定率を上げたい

転職ドラフトに登録しても、どの企業からも指名がないのは悲しいですよね。

もしかすると、あなたのプロフィールが企業に魅力的に見えないからかもしれません。

そこで今回は、転職ドラフトで指名なしを防いで、内定率を上げる3つの方法を解説します。

この記事で分かること!
  • 転職ドラフトで指名なしを防ぐ方法

\自分のリアルな年収が分かる/

公式サイトはこちら

転職ドラフト以外で無料で自分の市場価値が診断できるサービスはこちら

あなたの市場価値が分かる無料サービス
  • doda
    • 3分で、あなたの適正年収、今後30年間の年収推移や、キャリアの可能性を186万人のビッグデータと機械学習で提示
目次

転職ドラフトで指名なしを防ぐ方法 | 過去の実績を具体的に書く

まず、過去の実績を具体的に書くことが重要です。

転職ドラフトでは、自己紹介文や職務経歴書を企業に見せることができます。

このとき、過去の実績を具体的に書くことが重要です。

具体的に書くということは、数字や事例を用いて、自分がどんな成果を出したか、どんなスキルや経験を持っているかを明確にすることです。

あなたがどんなプロジェクトに参加したか、どんな技術を使ったか、どんな役割を果たしたか、どんな成果を出したかなどを詳しく書きましょう。

事例1

「JavaでWebアプリケーションを開発した」というよりは、「JavaでECサイトのバックエンド開発を担当し、レスポンスタイムを50%改善した」というほうが具体的です。

事例2

「Webアプリケーションの開発に携わった」という表現では、あまりにも曖昧です。
「Ruby on Railsを用いてECサイトの開発に携わり、カート機能や決済機能を担当した。月間売上高を20%増加させることができた」という表現にすると、より具体的で分かりやすくなります。

このように、過去の実績を具体的に書くことで、あなたのスキルや貢献度が企業に伝わりやすくなり、転職ドラフトで指名される可能性が高まります。

\自分のリアルな年収が分かる/

公式サイトはこちら

転職ドラフトで指名なしを防ぐ方法 | 現在の課題もしっかり書く

次に、あなたが現在抱えている課題や目標もしっかり書くことが大切です。

あなたがどんな技術や知識を学びたいか、どんなキャリアや役割を目指しているか、どんな問題や改善点に取り組んでいるかなどを書きましょう。

弱みや課題を書くことで、自分の現状や成長意欲を示すことができます。

また、企業は完璧な人材ではなく、向上心や学習能力のある人材を求めています。

そのため、自分の課題に対してどう改善しているか、どう学んでいるかを具体的に書くことで、企業に好印象を与えることができます。

例1

「コミュニケーション力が低い」という弱みを持っている場合、「コミュニケーション力が低いため、チームワークやプレゼンテーションに苦手意識があります。

しかし、それを克服するために、積極的に人と話す機会を増やしたり、オンラインコースや本でコミュニケーションスキルを学んだりしています。

また、フィードバックやアドバイスを求めたり、自己反省したりすることで、日々コミュニケーション力を向上させる努力をしています」という表現では、自分の課題に対する取り組みや成長過程を示すことができます。

例2

「AWSの資格を取得したい」というよりは、「AWSの資格を取得してクラウドネイティブな開発に挑戦したい」というほうが具体的です。

例3

例えば、「スキルアップしたい」という表現では、具体性に欠けます。
「最新のフロントエンド技術(ReactやVue.js)に興味があり、独学で勉強している。実務で使えるようになりたい」という表現にすると、より明確で具体的になります。

現在の課題をしっかり書くことで、あなたの成長意欲や向上心が企業に伝わりやすくなります。

  • あなたが今抱えている問題や課題は何か?
  • それに対してどう対処しているか?
  • どう解決したいか?

などを明確に伝えましょう。

企業は、あなたが自分のスキルやキャリアに対して真剣に考えていることや、チャレンジ精神があることを感じ取ることができます。

\自分のリアルな年収が分かる/

公式サイトはこちら

転職ドラフト以外で無料で自分の市場価値が診断できるサービスはこちら

あなたの市場価値が分かる無料サービス
  • doda
    • 3分で、あなたの適正年収、今後30年間の年収推移や、キャリアの可能性を186万人のビッグデータと機械学習で提示

転職ドラフトで指名なしを防ぐ方法 | 未来の姿を明確に描く

最後に、自分の過去や現在だけでなく、未来に対するビジョンや目標も書くことが重要です。

  • あなたが転職する理由は何か?
  • どんな企業やプロジェクトに参加したいか?
  • どんなスキルや経験を身につけたいか?
  • どんなキャリアを目指しているか?

などを具体的に述べましょう。

未来に対するビジョンや目標を書くことで、自分がどんなキャリアを望んでいるか、どんな価値観やモチベーションを持っているかを企業に伝えることができます。

また、企業は自分のビジョンや目標に合致する人材を探しています。

そのため、自分のビジョンや目標と企業のビジョンや目標がどう関連しているかを具体的に書くことで、企業にマッチング度を高めることができます。

具体例1

「やりがいのある仕事がしたい」という表現では、抽象的です。
「AIや機械学習を活用した社会課題の解決に貢献したい。そのためには、PythonやTensorFlowなどの技術を習得したい。将来的には、データサイエンティストとして活躍したい」という表現にすると、より具体的で明確になります。

未来の姿を明確に描くことで、あなたの志向や目標が伝わります。

企業は、あなたが自分の仕事に対して情熱を持っていることや、ビジョンを持っていることを感じ取ることができます。

\自分のリアルな年収が分かる/

公式サイトはこちら

転職ドラフトで指名なしを防ぐ方法 まとめ

今回は転職ドラフトで指名なしを防いで、内定率を上げる3つの方法を紹介しました。

過去の実績、現在の課題、未来の姿の3つのポイントを押さえて、あなたのプロフィールを充実させましょう。

転職ドラフトでは、あなたのプロフィールが企業からのオファーを左右します。
プロフィールをしっかり書くことで、あなたに合った企業やプロジェクトに出会える可能性が高まります。

ITエンジニアの転職で成功するためには、転職ドラフトだけでなく、他の転職サービスも活用することがおすすめです。

転職サービスでは、専門的なアドバイスやサポートを受けることができます。

以上、最後まで読んで頂きありがとうございます!

\自分のリアルな年収が分かる/

公式サイトはこちら

実際に企業から指名を受けた方々の、エントリーフォームを分析した結果をもとに解説させて頂きました。

転職ドラフトのユーザー別指名ランキングはこちら

転職ドラフト以外で無料で自分の市場価値が診断できるサービスはこちら

あなたの市場価値が分かる無料サービス
  • doda
    • 3分で、あなたの適正年収、今後30年間の年収推移や、キャリアの可能性を186万人のビッグデータと機械学習で提示

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次