MENU

MENU

カテゴリー

\気になるカテゴリーをクリック!/

やきいも
文系SE
【プロフ】
 ▶ 30代半ば
 ▶ ITエンジニア13年目 | 業務システム
 ▶ 妻と息子の3人で田舎の暮らし

【サイト運営】
このブログは私の体験をもとに以下に関する情報をお届けしています。
 ▶ AI
 ▶ Java
 ▶ Flutterなど
Udemyセール!最大95%オフ!1,200円~2月の最新セール情報をみる

Findyのスキル偏差値が低い?上げ方を徹底解説!

この記事には広告を含む場合があります。

Findyでスキル偏差値が低い。

Findyで偏差値を上げて転職活動を有利に進めたいな

せっかくFindyを使うなら、スキル偏差値は上げてエンジニアとしての市場価値を高めたいですよね。

そこで、今回はFindyで偏差値スキルが低い場合の上げ方を解説します!

この記事で分かること!
  • Findyのスキル偏差値の仕組みや算出方法
  • Findyのスキル偏差値の具体的な上げ方
  • Findyのスキル偏差値が上がった事例

Findy以外のサービスでエンジニアのスキルを診断できるサービスはこちらで詳しく解説しています。

目次

Findyのスキル偏差値とは何か?

Findyのスキル偏差値とは何か?

findyのスキル偏差値とは、GitHubの活動量やコードの品質を分析し、エンジニアのレベルを評価する指標です。

スキル偏差値は、以下の4つの要素から算出されます。

  • コミット数:GitHubでコミットした回数
  • コード行数:GitHubで書いたコードの行数
  • レビュー数:GitHubでレビューした回数
  • レビュー品質:GitHubでレビューされた内容の評価

これらの要素は、エンジニアの技術力だけでなく、コミュニケーション力や協調性も反映します。スキル偏差値は、50を平均として、高いほど優秀なエンジニアであることを表します。

Findyのスキル偏差値が低い場合の上げ方

Findyのスキル偏差値を上げる方法は以下の2つです。

  • GitHubの活動量を増やす
  • GitHubの質を高める

GitHubの活動量を増やす

スキル偏差値を上げるためには、GitHubの活動量を増やすことが重要です。活動量とは、コミット数やコード行数などの指標です。活動量が高いということは、エンジニアとして積極的に開発に取り組んでいることを示します。また、活動量が高いということは、技術力や知識も豊富であることを示します。GitHubの活動量を増やす方法は以下の通りです。

  • プライベートリポジトリではなくパブリックリポジトリで開発する
  • 自分の興味や得意分野に関するプロジェクトに参加する
  • オープンソースプロジェクトに貢献する
  • 自分の作品や成果物をGitHubに公開する

これらの方法を実践することで、GitHubの活動量を増やし、スキル偏差値を上げることができます。

GitHubの質を高める

スキル偏差値を上げるためには、GitHubの質を高めることも重要です。質とは、レビュー数やレビュー品質などの指標です。質が高いということは、エンジニアとして他者から信頼されていることを示します。また、質が高いということは、コミュニケーション力や協調性も高いことを示します。GitHubの質を高める方法は以下の通りです。

  • コードにコメントやドキュメントを書く
  • レビュー依頼やフィードバックを積極的に求める
  • 他者のコードやプロジェクトにレビューやコメントをする
  • レビューの内容や言葉遣いに気をつける

これらの方法を実践することで、GitHubの質を高め、スキル偏差値を上げることができます。

Findyのスキル偏差値を上げ方:事例紹介

実際に、Findyの偏差値を上げたエンジニアの事例を紹介します。

事例1:スキル偏差値50から70に上げたエンジニア

Aさんは、Web開発のエンジニアとして働いていました。スキル偏差値は50で、平均的なレベルでした。しかし、Aさんはもっと自分のスキルを向上させたいと思っていました。そこで、Aさんは以下のような取り組みを始めました。

  • 自分の興味のある分野に関するオープンソースプロジェクトに参加し、コミットやレビューを行った
  • 自分が作ったWebアプリケーションやライブラリをGitHubに公開し、他者からのフィードバックを受けた
  • コードにコメントやドキュメントを書き、可読性や保守性を高めた

これらの取り組みの結果、AさんはGitHubの活動量や質を大幅に向上させることができました。スキル偏差値も50から70に上がり、優秀なエンジニアとして認められるようになりました。また、Aさんはfindyで自分のスキルに合った企業とマッチングし、よりやりがいのある仕事に就くことができました。

事例2:スキル偏差値40から60に上げたエンジニア

Bさんは、データ分析のエンジニアとして働いていました。スキル偏差値は40で、やや低いレベルでした。しかし、Bさんはもっと自分のスキルを広げたいと思っていました。そこで、Bさんは以下のような取り組みを始めました。

  • 自分が分析したデータや結果をGitHubに公開し、他者からのレビューやコメントを求めた
  • 他者が分析したデータや結果に対してレビューやコメントを行い、意見交換や議論を行った
  • レビューの内容や言葉遣いに気をつけ、相手の立場や感情を尊重した

これらの取り組みの結果、BさんはGitHubの質を大幅に向上させることができました。スキル偏差値も40から60に上がり、高いコミュニケーション力や協調性を持つエンジニアとして評価されるようになりました。また、Bさんはfindyで自分のスキルに合った企業とマッチングし、より多様なデータ分析の仕事に挑戦することができました。

Findyでスキル偏差値を上げ方:メリット

スキル偏差値を上げることには、以下のようなメリットがあります。

  • 自分のスキルレベルや市場価値を客観的に把握できる
  • 自信やモチベーションが高まる
  • 求人やプロジェクトに応募する際に有利になる
  • より高い報酬や評価を得られる可能性が高まる

これらのメリットは、自分のキャリアや将来に影響することができます。

Findyでスキル偏差値を上げ方:アクションプラン

スキル偏差値を上げるためには、以下のようなアクションプランを立てることがおすすめです。

  • 自分のスキル偏差値を定期的にチェックする
  • スキル偏差値が低い領域を特定する
  • その領域に関する学習や実践を行う
  • GitHubに自分の成果物を公開する
  • フィードバックやレビューを受ける

これらのアクションプランは、自分のスキルを効果的に向上させることができます。

Findyで偏差値スキルが低い場合の上げ方 まとめ

そこで、今回はFindyで偏差値スキルが低い場合の上げ方を紹介しました。

まとめ
  • Findyのスキル偏差値の仕組みや算出方法
  • Findyのスキル偏差値の具体的な上げ方
  • Findyのスキル偏差値が上がった事例

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次