【AIコピーライティング】Catchy(キャッチー)有料版は投資対効果が高い?SEO1位が狙える使い方を解説!

・ブログ記事作成で生産性を上げたい!
・ブログはやることがいっぱいで時間が足りない。

個人ブロガーは1人でやる作業ボリュームが多く、1記事を作成するのに10~20時間掛かることも多いです。

ブログの作業

  • サイト設計
  • キーワード選定
  • 記事設計
  • 執筆
  • アイキャッチ画像作成 ・・・

記事作成の作業効率を上げることは個人の負担を減らすうえで重要です。全ての作業を自分でやるより、一部はAIに任せてブログ運営をする方が生産性は上がり収益化スピードもアップします。

そこで、今回は「記事作成ができるAI! Catchy(キャッチー)有料版は投資対効果が高いか?SEO1位を狙えるのか?
実際300クレジットほど使い倒した体験談をもとに解説します。

Catchy(キャッチー)

 AIライティングツール。AIがさまざまなキャッチコピーや記事の本文を作ります。

クレジット

 Catchy(キャッチー)の料金体系。クレジットを購入し、AIツールが利用できる。

引用:Catchy(キャッチー)公式サイト
この記事で分かること!
  • AIツールで検索上位の記事を作成できる方法
  • Catchyの有料版は投資対効果ある?
  • Catchyの効果的な使い方
  • ブログ運営でAIに任せれること

\10クレジット分の無料体験ができる/

目次

Catchy(キャッチー)有料版はSEO上位記事を量産できる!投資対効果は高い!

結論、Catchy(キャッチー)有料版は投資対効果が高いです!ただし、無制限プランに限る!なぜなら、SEO上位を狙える記事を作るには大量クレジットが必要!そして、SEO1位狙えます!なぜなら、AIは正しい使い方をすれば良質記事が作成できるからです!

クレジットの目安

約1300文字の作成:4クレジット消費

約5,000文字の作成の場合:20クレジット消費

10記事の作成:200クレジットは¥5,700円!

200クレジット(月額5,700円)で10記事作成し、ブログ収益5,700円以上を稼いで回収するのは至難の業です。収益を生み出せる確率は低いです。

10記事で勝負するよりも、無制限使い放題で集中的に100記事作成し、集客記事から収益発生の確立も上がります!

焼き芋

AIの作成した文章が想定と違ってもやり直しはきかず、クレジットは消費されるので、無制限でないと痛い消費です。

Catchy(キャッチー)オススメの使い方

初期投資は1か月の無制限使い放題で勝負! 

以下の進め方がオススメです!

  1. 1か月目:サイト設計・記事設計・キーワード選定・競合調査など
  2. 2か月目:AIを使い倒して記事量産!
  3. 3か月目:使える本文の取捨選択&リライトし記事を公開!
  4. 4か月目~6か月目:記事を評価!リライト!

作成した記事群の収益で月額5,000円を超えたら、再度、AIツールを使って記事を作成しましょう!

単月5,000円稼げるサイトができたら元は取れるので継続して利用するのもアリです!

焼き芋

AIツールを使うのに慣れも必要!
意外に無駄なクレジットを消費します。

【体験談】Catchy(キャッチー)で300クレジット使った結果

実際にCatchy(キャッチー)で300クレジット使った結果は以下の通りです。

AI(Catchy)で作成した記事内容・作業時間

AI(Catchy)に執筆してもらった記事の内容、実際に1記事当たりの作成に掛かった時間を随時、更新していきます!

AIの作業結果
  • 記事ジャンル:集客記事・収益記事
  • 作成した記事数:10記事
  • 平均の文字数:5,000文字
  • 作業時間(AI):15分(1記事1〜2分)
  • 消費クレジット:200クレジット

AI(Catchy)作成した記事結果(集計期間:1か月)

AIが作成した記事の結果を紹介します。

現在、AIに作成してもらった上記本文を装飾・推敲してます!

以下の記事は、9割AIが作成した文章そのままになります。ご参考にどうぞ。

一部の装飾中記事はコチラ!

すべて装飾が完了し、公開し1か月ほど運用した結果を随時アップしてきますので、しばらくお待ちください。

集計期間(2023年?月?日〜2023年?月??日)
  • 収益(発生ベース):?円
  • PV数:?PV
  • SEO検索順位:?位~?位
  • SEOクリック数:?クリック

\10クレジット分の無料体験ができる/

AI記事作成ツールCatchy(キャッチー)の効果的な使い方

AI記事作成ツールCatchy(キャッチー)の効果的な使い方を以下の通りです。

  1. 事前にAIの作業範囲を明確にする。
  2. AIで作成する記事は、自分が知識のあることに絞る。

AI(Catchy)の作業範囲を明確にする

AIの作業範囲と自分の作業範囲を明確にすることで、効率的な記事作成ができます。

AIがおこなう作業は以下の⑤執筆のみとします!

  1. キーワード選定
  2. トピッククラスター設計
  3. 上位サイト調査
  4. 記事設計(記事タイトル・リード文・見出し)作成
  5. 執筆(本文) ➡ AIに任せる
  6. 推敲(事実確認・体験談の追記・文章の修正)
  7. アイキャッチ作成

Catchy(キャッチー)は以下の作業ができないので、自分でやった方が品質の良い記事ができます。

Catchy(キャッチー)が苦手なこと
  • キーワード選定
  • 他記事への動線
  • 上位サイト調査(キーワード、見出し、文字数など)
  • 自然な日本語
  • 尖った体験談
焼き芋

競合が少ないエリアのテーマかどうかは事前に調査が必要です。AIでは判断できません。

実際にやってみるとAIには正確な文章を与えたら、求める結果を返してくることが分かりました。

記事タイトルからAIに任せると明後日の方向の記事ができあがりSEO上位は狙えない内容でした。

ベストなやり方として、以下の情報をAIに渡して作業をやってらうのが戻り作業もなく効果的でした!

AIに与えるインプットは?
  • 記事タイトル
  • リード文
  • 見出し

AI自動作成すべきテーマは自分が知識や経験のあることに絞る!

AIに作成させる記事テーマは、必ず自分が知識・経験のあるテーマにしましょう!

そもそも、記事タイトル・リード文・見出しまでを自分で作成するには、ある程度の知識が必要です。

そして、AIが作成した記事本文が正しいかチェックするときも知識が必要だからです。

焼き芋

知識のないテーマで記事を作成すると、タイトル、リード文、見出し作成、事実チェック・・・と時間が掛かります。

Catchy(キャッチー)具体的な使い方を3ステップで解説!

Catchy(キャッチー)の使い方を3ステップで簡単に解説します!

STEP
事前準備

キーワード選定した記事タイトル・見出しリード文を準備します。

私の場合は、以下フォームに上記を記入し、あとはAIにインプットするだけの状態にします。

STEP
AIが本文作成

Catchy(キャッチー)にログインし、画面左の記事制作をクリック

STEP4の本文作成をクリック

事前に準備した記事タイトル・リード文・見出しをコピペして、作成するをクリックすると、記事本文が作成されます。

※上限1400文字程までしか出力されず、途中文字切れします。
 途中文字切れした見出しから、見出し番号を1から順番に付番すると、途中からの本文作成できます。

STEP
記事の推敲、ワードプレスで装飾、アイキャッチ画像作成

Catchy(キャッチー)有料版の登録方法

Catchy(キャッチー)有料版の登録方法・価格について解説します。

Catchy(キャッチー)有料版の価格表

Catchyの有料プランは大きく以下の2つあります。

Pro版だと、無制限使い放題なので記事を大量生産したい方にはオススメです。

1記事1記事、じっくり精査しながら作成したい方にはStarter版のサブスクがオススメです!

Catchy(キャッチー)「有料会員」アップグレード方法は3ステップで簡単!

Catchy(キャッチー)の「有料会員」アップグレード方法は以下の3ステップです。無料会員登録がまだの方は、先に無料会員登録しましょう!

\10クレジット分の無料体験ができる/

STEP
ログインし画面右上の「アップグレード」をクリック
STEP
StarterプランもしくはProプランの「アップグレードする」をクリック
STEP
メールアドレス、カードの支払情報を入力「申し込み」クリック

※ Proプランを選択の場合は、年払いだと¥23,530お得!!

まとめ:AIツールに慣れてSEO上位記事を量産しよう!

今回の記事では「Catchy(キャッチー)有料版は投資対効果として高いのか?」実際に300クレジット利用した体験談をもとに解説しました。

結論、Catchy(キャッチー)有料版は投資対効果が高いです!ただし、無制限プランに限る!

なぜなら、SEO上位を狙える記事を作るには大量クレジットが必要!そして、SEO1位は狙えます!なぜなら、AIの正しい使い方をすれば良質記事を作成できるからです!

AIに任せるべき作業!

  1. キーワード選定
  2. トピッククラスター設計
  3. 上位サイト調査
  4. 記事設計(記事タイトル・リード文・見出し)作成
  5. 執筆(本文) ➡ AIに任せる
  6. 推敲(事実確認・体験談の追記・文章の修正)
  7. アイキャッチ作成

AIを使いこなせば、ブログ作業の効率化が図れます!まだ、AIツール使ったことない方は、まずは無料会員でお試し下さい。

\10クレジット分の無料体験ができる/

以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

目次