おすすめ!プログラミング学習サービス5選!詳しくはこちら

SE(システムエンジニア)に英語力が必要な5つの理由!学習方法を解説

システムエンジニアって英語力が必要ですか?

英語を学ぶ最速の方法はどうしたらいいのか?


という悩みを抱えていませんか?

そこで、今回は「システムエンジニアが英語力が必要な5つの理由」を解説します。

焼き芋

この記事はこんな人におすすめです!
・これから英語を習得したいITエンジニア

この記事で解決できる悩み
  • システムエンジニアが英語を学習すべき「5つの理由」と「2つの注意点」
  • 英語習得の最短ルート
目次

SE(システムエンジニア)が英語力を必要な5つの理由

ITエンジニアが英語を学ぶ意義

SEが英語力が必要な5つの理由をご説明します。理由は以下の通りです。

  1. 最新技術を誰よりも早く学べる!
  2. 仕事の幅が広がる!
  3. 障害対応に早くなる!
  4. 転職で強みとなる!
  5. プログラミング言語が理解しやすい!

「最新IT」を誰よりも「早く」学べる!

英語が読める、聞けることで、新しい技術を早く学ぶことができます

なぜなら、最新のIT技術は英語の文献が大半を占めてます。また、多くの日本語の技術書籍の参考文献は英語の書籍です。そのため、日本語書籍が出版されるよりも、早く新しい技術を学ぶことができるためです。

例えば、スマホアプリ開発で「flutter」を利用するとした場合に公式ページでは英語の記述のみとなるため、英語がわかると日本語の参考ページを探す手間も省けます!


「仕事の幅」が広がる!

英語ができることで、あなた自身の仕事の幅が広がります。「ブリッジSE」「グローバルなシステム開発案件」で活躍できます!

例えば、「ブリッジSE」はオフショア開発(日本以外で開発)する場合にインド人などにでシステム仕様を説明する必要があります。また、グローバルなシステム開発案件では、海外に行き英語でヒアリングや調整する能力が必要です。
英語ができることで、仕事の幅が大きく広がり任せてもらえる仕事も増えます。


「障害対応」に早くなる!

英語が読めることで、システム障害時の対応が早くなります。

エラーが発生した際に、原因や解決策を調査します。その時に、インターネット上の情報は日本語だと情報量は限られます

もし、あなたが英語を読めれば求めている回答が早く見つかります。

「転職活動時」の強みとなる!

英語を生かした仕事の実績があれば、IT転職時にあなたの強みとなります。

英語を使いこなせるITエンジニアは多くありません。そのため、あなたが「ITスキル」+「英語力」があれば
転職時の大きなアピールポイントとして使えるでしょう。

「プログラミング言語」の理解が早くなる

プログラミング言語は英語で書く必要があります。英語の単語が分かれば、プログラミングをする際も覚えやすいです。

仮に、英語がまったく分からないと、プログラミングの基本文法も覚えるのに苦労するかもしれません。

SE(システムエンジニア)が英語学習で注意すべき2つのこと

ITエンジニアが英語学習の注意点

続いては、ITエンジニアが英語を学習時の「注意点」をご説明します。

注意点は以下の通りです。

  • 学習に「時間が掛かる!」
  • 英語初心者は「挫折しやすい!」

学習に「時間が掛かる!」

ビジネスで生かせるレベルの英語力を身に付けるには、時間が掛かります。英語に自信がない方は、英語学習に時間を充てるのはお薦めできません。それよりも、ITスキルの向上に充てた方が役に立てる仕事は増えるでしょう。

まずは優先すべき学習事項を整理しましょう!あなたに英語を学習する時間がどれほどあるのか計算してみましょう。

英語初心者は「挫折しやすい!」

英語の学習は極めて挫折しやすいです。なぜなら、日本で生きていく上で「英語」の必要性は低いからです。

ITエンジニアで日々の生活で英語が使えなくて困る人は多くありません。そのため、使う機会も多くないためモチベーション維持が出来なくなります。そして、英語習得を挫折する傾向にあります。

あなたが本当に英語を必要なのか? 考えてみましょう。

SE(システムエンジニア)が英語を習得する「2つの最短ルート」

ITエンジニアが英語を習得する最短ルート

SEが英語を習得する「最短ルート」を解説します。

結論からお伝えすると、リスニングを鍛えながら、25分142円〜のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」スピーキング力を並行して鍛える。ライティング力は、英語のプログラミングQAサイトを活用する。リーディング力はシステムトラブルやプログラミングエラーで困ったときは英語サイトを参考にして解決する。

最短の2つの学習方法
  1. 新しい技術を英語で学ぶ
    ⇒「リスニング」
    ⇒「ライティング」
    ⇒「リーディング」力のアップ
  2. 英語が話せる外国の友人を作る
    ⇒「スピーキング」力のアップ
焼き芋

ちなみにお薦めの英語学習書籍は以下です!

英語の文法は英語で学んだ方が分かりやすいです!
留学時代に活用しました。中学生の頃にこの本と出会いたかったです。。。

「新しい技術」を英語で学ぶ

新しい技術を英語で学ぶことで、以下の英語力が鍛えられます!

  • リスニング力
  • ライティング力
  • リーディング力

お薦めの学び方はで学習する方法です。

の人気コースでは、英語を「ハッキリ」「ゆっくり」「分かりやすい」単語で話しているので勉強しやすいです。

一度サンプル動画を聴いてみてから判断してみると良いでしょう。また、講師に英語で質問のやり取りをすることで「リーディング」「ライティング」スキルも向上できます。何より、「IT技術」と「IT英語の言い回し」も一緒に学べるのでお得です。

「外国の友人・恋人」を作る

英語を話せる外国の友人・恋人を作ることが、英語の「スピーキング力」を高めてくれます!あなたが学生であれば、留学生と積極的に話しかけ仲良くなることで英語力が鍛えられます。

社会人の方は、外国人の参加率が高いコミュニティ活動に参加し、外国の友人を作る方法もあります。

英語力が鍛えることで出来るだけでなく、他国の歴史や政治・経済も学ぶことが出来てお薦めです!と言っても外国の友人や恋人を作るのは難しいです。

25分142円〜のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」 もお勧めです!
東洋経済オンラインや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介された英会話

まとめ「SEのキャリアアップを目指すなら英語は学習すべき!」

サマリー:ITエンジニアが英語を学習する最短ルート

今回の記事ではITエンジニアが英語学ぶ最速の方法はどうしたらいいのか?」

  • システムエンジニアが英語力を必要な5つの理由
  • 英語学習で注意する点
  • 英語習得の最短ルート

について解説しました。

今回のポイントをまとめますと、

システムエンジニアが英語力を必要な5つの理由
  1. 最新技術を誰よりも早く学べる!
  2. 仕事の幅が広がる!
  3. 障害対応に早くなる!
  4. 転職で強みとなる!
  5. プログラミング言語が理解しやすい!
英語習得する最短ルートと注意点!
  1. 新しい技術を英語で学ぶ!
  2. 外国の友人を作る!
  • 注意点:英語習得には時間が掛かる

システムエンジニアとしてキャリアアップを目指すなら、

英語力をアップさせたほうが良いです。

焼き芋

私が学生の頃はがこれほど充実していなかったので、
最近見始めて驚いてます!

毎日、学習することで英語のヒアリング力はかなり上がるでしょう。


以上、最後まで読んで頂きありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次